中央アジアのビザサポート・現地ガイド・現地通訳・ホテル・車など、現地に関する手配はお任せください。
ディスカバリー中央アジア by オールシーズントラベル

メールフォーム
ウズベキスタン
ウズベキスタン

キルギス共和国

ビシュケク 観光情報

ビシュケク市はキルギス共和国の首都です。 北緯43度に位置し、札幌市と同じ緯度にあります。ビシュケク市の南には標高4000m 級のアラ・トー山脈が控えており、ビシュケク市も標高750-900mにあります。
市の東北部には標高1000m の山脈があり、カザフとの国境を形成しています。
「暑い中央アジア」「冷涼な山岳地帯」「寒暖の差の激しい盆地」という三つの要素が組 み合わさった気候となっています。
街の歴史としては遺跡と言ったものはなく、ソ連時代の都市計画で作られた典型的な街です。 科学アカデミー、フィルハーモニーコンサートホール、大統領府等が続き、国立博物館も見所の一つとなっている。 博物館の北西にキルギスドラマ劇場も人気のスポットとなっており、チュイ大通りは市民の生活の中心として活気ある風景が広がります。
ビシュケクの近郊の「アラ・アルチャ自然公園」などに足をのばしてみるのもお勧めです。

 

国立歴史博物館

アラトー広場に建つ大きな博物館です。
2階は社会主義時代に関する展示、3回は歴史と民族についての展示となっており、遊牧民の移動式住居「ユルタ」も設置され、色鮮やかな毛布や民具もおいてある。ここでしか見られない展示品もあるり、キルギスの歴史にじっくりと触れることができるので、ぜひ訪れてみてください。

キルギス国立美術館

1回には現代画家の特別展示会場と売店になっており、2階には西欧、旧ソ連とキルギスの画家の展示室があります。
キルギスの絵画は草原での生活、牛や羊の群れ、自然の風景等、いかにもキルギスらしいものとなっている。
その他、彫刻や民芸品もじっくりと見てほしい。

マナス王像

フィルハーモニー・コンサートホールの正面にそれはあります。
マナス王とは、キルギス人が1000年も前から語り継がれているヒーローで、キルギスのシンボルともなっている。

バザール巡り

市民の台所「オシュバザール」や「アラメディンバザール」はいつも活気が溢れています。
米売り場、肉売り場、乳製品売り場など多種多様な店が並ぶ中、様々な民族がバザールに訪れているので、 その迫力に圧倒されるでしょう。

民族の多様性を感じるにはこの場所がお勧めです。

 

 

【ビシュケク近郊】

アラ・アルチャ自然公園

  •  

ビシュケクから30kmの所には大自然が広がっています。
1976年に作られたこの公園は19,400haもあり、公園入口は海抜1,300m。
氷河を抱く山々の絶景を見ながらハイキング、トレッキング、カローナ峰登山のコースがあります。
この公園のアルピニストセンターでは登山者の拠点となっており、宿泊することもでき、様々な楽しみ方ができます。

イシク・アタ温泉保養地

  •  no image

ビシュケクから56km、イシク・アタ渓谷に温泉があります。
ビシュケクからはコイタッシュ村を抜けてきますが、その道中ではカザフスタンまで続いているチュイ盆地が一望できます。
1891年に温泉保養地としてスタートし、今では何棟かの施設ができ、温泉プールなどもあってファミリーにも人気のスポットとなっています。