中央アジアのビザサポート・現地ガイド・現地通訳・ホテル・車など、現地に関する手配はお任せください。
ディスカバリー中央アジア by オールシーズントラベル

メールフォーム
ウズベキスタン
ウズベキスタン

ウズベキスタン共和国

ウズベキスタン ビザ

ビザ


ビザが必要。入国前にウズベキスタン大使館領事部であらかじめ取得しておく必要がある。
タシケント国際空港到着後のビザ取得はできない。


【ビザの種類】
観光ビザ:観光等の滞在し際して発行される。最大30日。
トランジットビザ申請方法:トランジットビザは最大で72時間まで申請可能です。
業務ビザ:最大で1年まで申請可能です。
団体ビザ:最大で30日まで申請可能です。 16歳以上の構成員10名以上からなる団体での観光の場合、団体ビザになります。

<※これより以下は観光ビザの取得についてです。>

【申請のための必要書類】
1、パスポート ※1
2、パスポートコピー(顔写真のページを見開きで1部)
3、申請書×1 ※2
4、写真(3.5×4.5)×1 申請書に貼ってください。
※1 ウズベキスタンを出るときから3ヶ月以上の有効期限が必要 2ページ以上の空きページが必要
※2 ビザ申請書は、http://evisa.mfa.uz/のサイトで作成し、プリントアウトしたものを お持ちください。それ以外の申請書は受け付けることができません(2009年6月1日より適用)。


【手数料と支払い方法】
2500 円。
申請してから、1週間後の夕方 16:00~17:00 の受領予定。ただし、 混雑状況や申請内容、現地外務省との関係上遅れることもあるため、少なくとも出発より 10 日以上前に申請するほうがいい。申請は出発の 3 ヶ月前より受け付け。
遠方にお住まいの方のみ、郵送にてビザ申請を受け付け。
※ ただし、郵送上のトラブルは大使館では一切責任を負えません。また、申請から受領まで3 週間程度かかります。
※ 首都圏在住者は、郵送での申請は受け付けていない。


【窓口での申請の場合】
1.ビザ受領の当日に指定の口座に振込。
2.利用明細書を、ビザ受領時に窓口で提出。


【郵送での申請の場合】
1.ビザ手数料を指定の口座に振込。
2.利用明細書を他の申請書類と併せて、大使館へご郵送ください。


【振込先口座】
三菱東京 UFJ 銀行 目黒駅前支店 普通預金 1196059  EMBASSY OF THE REPUBLIC OF UZBEKISTAN
※振込名義人の欄はローマ字アルファベットでの記入


◎トランジットビザ・業務ビザ・団体ビザの申請、その他の詳細情報については以下にてご確認ください。

駐日ウズベキスタン共和国大使館
住所・連絡先 :〒108-0074 東京都港区高輪2-1-52
代表番号: 03-6277-2166
領事部:03-6277-3442
ファックス:03-6277-2580
URL: http://www.uzf.or.jp/tour/index.htm

滞在登録


ウズベキスタン入国後72時間以内に滞在登録をする必要がある。
観光ビザで入国した場合、ホテル以外では滞在登録できない。滞在登録はホテルが代行することになっている。
滞在登録を済ませた証拠にスタンプが押された小さな紙を渡されるので、大切に保管しておくこと。
そのほかのビザで入国し、知人宅などに宿泊する場合は、オヴィールという内務省管轄の役所に行き自分で滞在登録を行わなければならない。

関税


関税通貨の持ち込みは、金額の多少にかかわらず税関申告が必要。
さらにUS$1万相当額以上は銀行などの証明書が必要。
申告した額以上の通貨は国外に持ち出せない。
ほかに貴金属やカメラ、コンピュータなども入国時に税関申告が必要。
物品に関する規定が曖昧なので、ハイテク製品や高価な品など疑わしいものは申告をしておいた方がよい。
持ち込み制限があるおもなものは、タバコ(1カートンまで)、アルコール飲料(2リットルまで)、香水(個人で使う範囲内で)など。
また、50年以上前に生産されたものや、文化的価値があると見なされる美術品などは特別な許可がないと持ち出せないので、バザールや骨董品店などで買い物する際は気を付ける必要がある。

その他注意事項


ウズベキスタンでは身分証明書(外国人はパスポート)の携帯義務があります。旅行中は常に持ち歩くようにしてください。

 

 

問い合わせ メールフォーム